脱毛をしてもフェロモンが減ることはないです

 

ムダ毛を脱毛すると、フェロモンが少なくなり、異性にもてなくなるという噂を聞くと、サロンやクリニックで施術を受けることをためらってしまうでしょう。

 

結婚前の女性がもてないというのは非常に大きな問題ですが、かといってムダ毛を放置するわけにはいきませんし、自己処理を続けるのも面倒です。

 

この噂が本当かどうか気になる人もあるでしょうが、結論からいうと、フェロモンには影響しないので安心するようにしてください。

 

サロンの光脱毛器や、クリニックの医療レーザーは、メラニン色素に反応させて、毛根の組織にダメージを与える仕組みになっています。

 

光やレーザーをわきの皮膚に照射されても、フェロモンを分泌するといわれるアポクリン汗腺が傷つくことはないので、脱毛後に分泌量が減ってしまうようなことはありません。

 

もともと人間は進化により、フェロモンが退化しているので、たとえ何らかの理由で少なくなったとしても、それで急に異性にもてなくなることはないといわれています。

 

現代人はオシャレに着飾って見た目を良くしたり、上手な言葉で相手を口説けるようになったので、
フェロモンの量が多い人ほどもてるということはなくなっています。

 

サロンやクリニックで脱毛しても、フェロモンの量が少なくなることはないので、わきのムダ毛が気になる方は施術を受けるようにしましょう。

 

脱毛せずにムダ毛を生やしたままの人の方が、異性にもてなくなりますから、ツルツルにしたいときはサロンやクリニックへ行くようにしてください。